スキー.スノーボードのチューンナップファクトリー

T-FACTではウインターシュタイガ―社製(オーストリア)のマシンを導入しています。このマシンはワールドカップやオリンピックで使われているマシンとほぼ同様の仕事が出来ます。

多彩なストラクチャーに対応出来る事はもちろんですが常に同じ状態のストラクチャーをメイクする事が出来たり更にはパターンを数値化して瞬時に呼び出す事が出来ます。そして一番の違いは仕上りの綺麗さです。ストラクチャーを入れた後の滑走面はどうしてもケバ立ちがあり、ワクシングとスクレイピングの繰り返しでケバ取りをしていましたが最近のマシンは仕上りが良いのでその回数を減らす事が出来ます。ルーペで比較すると一目瞭然で一昔前のマシーンとは雲泥の差です。どうぞ、その違いを体感して下さい。

ワックスフューチャーとは、★赤外線照射式自動ワックスマシンです。
赤外線による吸収作用で、より高いワックスの浸透が得られます。
その結果、抜群の滑走性と持続が得られます。
非常に短い時間で作業が終了しますので、スキーやボードに余分な熱による負荷を与えません。圧力による浸透や熱線等の熱源を直接滑走面にあてる事は無いのでダメージが有りません。
通常、1セット 7~8分でOK。ワールドカップでFISCHERチームが使っているのは有名です。国内でも各メーカーのサービスセンターで使用中。全中、インターハイ、インカレの強豪校はもちろん、技術選においても出場選手の多数が利用しています。